iPhone8で実現か!iPhone9以降か?驚異的な機能の未来は!!第2弾

iPhone 9以降:今後のiPhoneのデザイン駆体の方向性は!?

iPhoneは、高価で強度も増してきてすがまだまだ壊れやすい製品です、消費者の心を痛める事故もつきものです。 その結果、各iPhoneの所有者は破損リスクと保険の独自のプラン検討を余儀なくされています。堅牢なケースで包み込むか、保険に加入して簡単なケースで利用するかなどその活用方法は多様に別れています。

これは、2020年のiPhoneで使用できる未来的な耐久性のあるスーパーマテリアルの幅広い範囲を考慮してみます(将来的にはそうではないかもしれませんが。)このセクションでは、iPhone 9以降を可能な限り実現性のあるデザイン開発と耐久性の素材などを見ています。みなさんも一度 想像してみてください…そして下記9項目で外観デザインを予測してみましょう
①リトラクタブルスクリーン(引き込み式スクリーン
カメレオンのデザイン
③曲がった画面
④Bendable iPhone
⑤ベゼルのないデザイン
⑥サイドウォールディスプレイ
⑦エッジレスディスプレイ
フレキシブルディスプレイ
⑨シングルスラブのガラス

①引き込み式スクリーン
Appleの未来のiPhoneにはフレキシブルなOLEDスクリーンを備えたポータブルデバイスが噂されています。ラッチボタンを解放すると、2つの中空ケーシングに収縮し、必要に応じて再度展開し、サポートスラットで強制的に固定します(一連の双安定金属部材は、平らな状態 下図参照)。
格納式のスクリーンは、アルミニウムまたは他の適切な材料で作られたバレル形のハウジングに反り返る。スピーカーとマイクは、カメラ(実際にはカメラ)と同様に、これらのハウジングに取り付けられます.2台のカメラは、立体画像を撮影するのに十分離れて取り付けられています。また閉じたとき、2つのバレルは磁石によって一緒に保持される。 Apple Insiderには、特許についてのより多くの情報があります。
私たちは、いつでも現状のデザインに従い小変更されるiPhoneを見ていることに疑念を抱いきはじめています。これは、iPhoneに適していないと考えている形状の理由の1つは、平らな面で使用する必要があり局面での利用が難しいと考えるからです

①引き込み式スクリーン
Appleの未来のiPhone
にはフレキシブルなOLEDスクリーンを備えたポータブルデバイスが噂されています。ラッチボタンを解放すると、2つの中空ケーシングに収縮し、必要に応じて再度展開し、サポートスラットで強制的に固定します(一連の双安定金属部材は、平らな状態 下図参照)。
格納式のスクリーンは、アルミニウムまたは他の適切な材料で作られたバレル形のハウジングに反り返る。スピーカーとマイクは、カメラ(実際にはカメラ)と同様に、これらのハウジングに取り付けられます.2台のカメラは、立体画像を撮影するのに十分離れて取り付けられています。また閉じたとき、2つのバレルは磁石によって一緒に保持される。 Apple Insiderには、特許についてのより多くの情報があります。
私たちは、いつでも現状のデザインに従い小変更されるi
Phoneを見ていることに疑念を抱いきはじめています。これは、iPhoneに適していないと考えている形状の理由の1つは、平らな面で使用する必要があり局面での利用が難しいと考えるからです
カメレオンのデザイン
Kambalaの形で、Yanko DesignのIlshat Garipovは、Bluetoothイヤホンのように耳につけたスマートフォンをコンセプトに、顔の側面に合わせて色を変えて透明に見えるようにしています。
センサーを多数備えた連続フレキスクリーンは、表面を構成し、電話の内側の画像を外部に送信し映し出す機能を備えています。カメレオンは、 耳。”Die Another Dayで目に見えない車のような感じです。 そして、言うまでもなく、今のところコンセプトだけで開発もまだなのですが、私はこのようなアイデアが大好きです。

⑥サイドウォールディスプレイ

iPhone 9 rumours & patents

アップルは「サイドウォールディスプレイを備えた電子機器」の特許を以前に取得しています。これにより、サイドとエッジの周りだけでなく前面にもディスプレイを備えた将来のiPhoneにつながる可能性があります。 この特許は、側壁ディスプレイがメインタッチスクリーンの延長線上にあり、インタラクティブまたはタッチセンシティブな部分を有することができることを示唆している。
Appleはサイドウォールの画面スペースを使って、アプリアイコンを表示したり、スライドからロック解除の機能、音楽プレーヤーのコントロール、メッセージの読み取り、発信者ID、システムコントロールなどを利用することを提案しています。
私たちは、スマートフォンの周りを覆う画面の問題は、機能を取り去らずに電話機にカバーを付けることが不可能だと考えています。カバーなしでは、電話機が簡単に故障する可能性があるからです。

SamsungはSamsung S7 Edgeを販売していますがSamsung S7 Edgeは、スマートフォンの端を囲むような画面をしています。

iPhone 9 rumours & patents

⑧折りたたむように曲がるiPhone
数年前の2015年1月、AppleはフレキシブルなiPhoneのアイデアを調査していることを示唆する特許を取得しました。この特許は、iPhoneをフレキシブルにすることでAppleが新しい範囲のコントロールを解除できることを示唆しています。例えば、ユーザーはデバイスを特定の方法で曲げたり、柔軟性を使ってゲームをコントロールしたりすることができます。
さらに、フレキシブルなiPhoneは衝撃に強く、耐久性が高いはずです。 しかし、私たちは、フレキシブルなiPhoneのアイデアの中で重要な要素、つまり画面のテクセクションで壊されることなく曲がるスクリーンについてイメージがつかみにくいのも事実です。
アップルのこの特許のイラストは確かにAppleのコメンターが指摘しているように、「iPhone DS」のように見えますが、アップデートとして、2016年11月にはAppleは曲げ可能なスマートフォン用の別の特許を取得しました、iPhone 8以上が現実的にiPhone 9を折りたたみ式のシャーシで設計できるというさらなる推測を世間に呼び起こしました。
一部のアナリストはこの特許「カーボンナノチューブプリント回路を有する電子デバイス」について少しだけ言及している。カーボンナノチューブは、デバイスを折り畳むことができる手段であるそうで、それは2014年8月に提出し、最終的に2016年11月1日に特許取得されたようです。「カーボンナノチューブは、基板上にカーボンナノチューブの信号経路を形成するためにパターニングされること」と、特許の要約の一部が記載されている。電子デバイスのヒンジまたは他の可撓性部分を横切る可撓性基板の部分に、カーボンナノチューブ信号経路の屈曲部分を形成することができる」と述べている。
Patently Appleによって2017年1月に発見されたさらなる特許は、「折り畳み位置と折り畳み位置との間を移動可能なフレキシブルディスプレイ」と、「フレキシブルディスプレイを可能にするフレキシブルヒンジを形成するファブリックハウジング折り畳まれる。
近い将来Appleが曲がるスマートフォンをつくるとは確信まではしていませんが、柔軟な技術は間違いなく業界が探求しているものでありiPadには適している機能です。たとえばスタンフォードのバオラボの科学者は、「妥協のない電気的性能と高い伸縮性」を提供するフレキシブル電極に関連したブレークスルーを最近発表しました。
この開発は、ウェアラブル分野、特にスマートな衣類には当面適用されるように思われるが、柔軟性のあるスマートフォンやタブレット画面の可能性についても多くの研究者が検討研修している。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加