iPhone8で実現か!iPhone9以降か?驚異的な機能の未来は!!第1弾 

スマートフォンテクノロジーがどこに行くか?そして、未来はアップルのiPhoneのために何を保持するか?それら 2020と2030 、2018年に見るか?ホログラム、折りたためるまたは曲げられたOLEDスクリーン、動作および太陽のチャージ、AR、自己回復作用バッテリー、およびカメレオンデザインへのグラフィックとスーパーコンデンサーバッテリーから、私達はiPhone8やiPhone9以降に実現しそうな驚異的な技術と性能の未来を考えます

現在の傾向が2018年から2020年の間に現れるはずのiPhone 9から始まる、スマートフォン技術の今後の方向性について説明します。(Appleが ‘S’クラスをリリースし続けるかどうかによって決まります将来の予測に移るにつれて、必然的に予測はより投機的になり、これらの経路の多くは間違いなく盲目の路地となることは間違いありません。しかし、私たちは将来のゴーグルを着用し、今後数年間で我々が期待している傾向についていくつかの予測をすることができると思います。将来的にどんな種類のiPhoneがあなたのブランドになっているのかを知りたい場合は、こちらを読んでください。

まあ、たぶん。おそらく最も大きな潜在的な成長領域はいろいろな直観的な理由から、今のところほとんど無視されているバッテリー寿命と充電時間です

以下では、バッテリーや充電に使用される現在開発中・開発済みの新しい技術のいくつかを見ていきます。そのうち何項目かクローズアップしたいと思います。
長距離無線充電
•スタックされたバッテリセル
リチウム空気電池
モーションチャージ
•ソーラー充電
•電話の無駄なエネルギーをリサイクルする
•セルフヒーリングバッテリー(自己回復充電技術
スーパーキャパシターバッテリーは数秒で充電され、一週間持続します。
•全固体リチウムイオン電池セル

長距離無線充電

2017年後半のiPhone(iPhone 7sまたはiPhone 8)には、充電マットに物理的に置かなければならない、今日の技術標準によく見られる種類のワイヤレス充電の限定版が搭載されることが広く予想されています。 2つの要素が接触しなければならないので、便利ですが、正確には差し込む動作がなくなったにすぎません。

ですが誰もが楽しみにしている真の進歩は、長距離無線充電です。これは2020年までのiPhoneに出現する可能性は低いが、長期的には必ず実現する1つになる可能性がある。

ブルームバーグによると、アップルは長距離無線充電に取り組んでおり、近接場磁気共鳴を使って約1メートルの距離で充電する可能性がある。また、充電会社の最高経営責任者の一部のコメントは、Appleがさらに野心的なものを計画し開発していると示唆している。

長距離ワイヤレス充電に取り組むのは1社ではありません。 2017年2月、ディズニー・リサーチは、部屋全体に電力を無線で送信する新しい方法を考案したと報告されました。ユーザーは現在の技術でWiFiに接続するのと同じくらい、その部屋のどこにいても電子デバイスを充電できます。東京オリンピックに実現できることを期待したいです。

リチウム空気電池
リチウム – 酸素電池(リチウム空気としても知られている)が現実になると、電池の容量と効率は今後数年間で確実に高まります。 Li-O2電池は理論的には現在のところ携帯機器で好まれているリチウムイオン同等物よりもはるかに高い寿命(おそらく5倍程度)ですがNatureの研究ではまだまだ技術的な問題は残っているそうです。

モーションチャージ
何年も前から行われていた多数の時計に使用されていた原則であるモーションチャージング(Motion Charging)などの技術によって、異なるアプローチで充電する方法です。腕時計なら腕の力を1日を通して前後に振り動かすことができましたが、同様の方法がスマホでは難しく発電できないのが現実です。
世の中に受け入れてもらうためには動作技術を改善する必要があります。この種の新技術を電話機の本体に組み込むことができればかなり良いでしょう。(それはポケットやハンドバッグの中で携帯電話が経験する小規模の動きからの力しかない)しかし、それは、あなたが「ある場所から別の場所へ移動する」や「フィットしている」などのようなもので無駄にしているエネルギーの一部を集める魅力的で持続可能な方法も期待したいです。

自己回復バッテリー技術
バッテリー技術の分野では、多くのエキサイティングなほうほうが試されています。 大部分は、より効率的で環境にやさしい電池の充電方法に関するものです。 最も奇妙なことの1つは、電池セルが壊れた後に修理するという別の側面に焦点を当てて開発している技術です。
Amay Bandodkarが率いるカリフォルニア大学の研究者は、磁化粒子を含む電池の実例を作成し、2つの小片にしっかりと自己修復する形でスナップされた後に一緒に戻ってくる。 また、原理は電池に限定されず、研究者は自己治癒回路とセンサーでもテストは開発中です

数秒で充電され、1週間続く ‘スーパーキャパシターバッテリー
セントラルフロリダ大学の研究者チームは、スーパーキャパシター技術をベースとした超小型バッテリーを開発しました。これは、充電がより速く、充電時間が長くなり、現在世界中のスマートフォンで使用されているバッテリーよりも長寿命です。
科学者たちは、小さな電池をほんの数秒間充電するだけで、それから数日間持続すると報告しています。 また、典型的なリチウムイオン電池は300〜500回のフル充電後に性能が低下しますが、このバッテリは30,000回の充電に適しています。

以上のバッテリー技術は近い将来間違いなく実現するであろう夢のある性能ばかりでした。

今回はバッテリー技術に特化して特集しました。第2弾もぜひお読みいただけると嬉しく思います。

iPhone8の噂のまとめ記事

iPhone9の噂のまとめ記事

docomoのiPhoneを今すぐ購入

auの端末購入はこちらへ
ソフトバンク端末購入はこちらへ

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加