iPhone8 2017確約機能か!?True Toneディスプレイ、顔認識&AR用カスタムフロント/バック3Dセンサー搭載決定か!?

バークレイズの投資家ノート氏によれば、Appleは現在、2017年モデルの新しいiPhoneの3つすべてにTrue Toneディスプレイ技術を導入する予定です。 このノートでは、iPhone 7s、iPhone 7s Plus、およびiPhone 8には、iPad Pro 9.7-inchで初めて導入されたTrue Tone技術が搭載されていることが説明されています。

この情報はまた、iPhoneが顔認識や拡張現実感の機能を搭載するために必要となる3Dセンサーに関する新しい情報をリークした。

アンドリューガードナー氏他4名のアナリストは今年導入された新しいiPhoneが “完全なスペクトルセンシング”周囲光センサーを特色にして、デバイスに “実際の色合いをそのまま表現”するディスプレイを与えると主張する。 また バークレイ氏は、周囲のセンサーがオーストリアの半導体メーカーであるAMSから供給されることを予想している。

AppleがiPhone 7とiPhone 7 PlusのディスプレイにTrue Tone技術を実装することは広く予想されていましたが、そうではないことが判明し、2017年販売モデルの現物の形がみえてきました。またAppleは、昨年、iPadの9.7インチモデルと12.9インチモデルの差別化ポイントをまとめiPad Pro 9.7インチモデルでTrue Toneディスプレイ技術を発表しました。 当時、Appleは、ディスプレイが部屋の環境に基づいて自動的に色温度を調整することを発表した。

True Toneディスプレイ技術が非常に印象的であると私たちは9.7-nich iPad Proですぐに気づいた。 たとえば、イエローオレンジのハロゲンランプが付いた通常の部屋では、True ToneテクノロジーのないiPad Air 2が青色に見えるのに対し、9.7インチのiPad Proは真の白に近く見えました。 これは、トーン・トーン・アンビエント・センサーが室内の照明を検出し、ディスプレイの温度色を調整してできるだけ自然なものにするためです。

iPhone 8の主要機能の1つはOLEDディスプレイだと言われていますが、True Toneは3つの新しいiPhoneに登場し、アップルは3つすべてを市場に出すことも予測されている。 しかし、OLEDとトーントーンの組み合わせは、スマートフォンで最高のディスプレイの1つを提供しなければならず、間違いなく競争相手からデバイスを際立たせるものです。

このレポートはまた、Appleが顔認識や拡張現実感アプリケーションなどの機能に3Dセンシング技術を使用することが期待されていることを指摘し、以前のサプライチェーン情報を基にしています。 バークレイズの本日のメモによると、デバイスの前面と背面の両方に構造化ライトカメラを備えたカスタム3Dセンサーが2つ含まれています。 これは、Appleが新しいセンサーをどのように実装するかについてまだ検討中とのことです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加