iPhone8の最終形状をグラフィックデザイナーが作成か!?

スポンサーリンク

最近世間で噂されているApple iPhone 8の画面について新しい情報があります。これは、実際に電話の前面全体をカバーする曲線のAMOLED画面です。 タッチIDはディスプレイに埋め込まれているのですが電話機のロックを解除して確認するために「革命的な」正面カメラを使用して顔検出システムに置き換えられます。 AMOLEDスクリーンのサイズは5.8インチと言われていますが、その一部は組み込みのホームボタンのために割り当てられています。 アクティブディスプレイは約5.1〜5.15インチになります。
またApple iPhone 8(別名iPhone XまたはiPhone版)のリリースに遅れがあるとの噂も入手しました。 MAppleはまだユニットの設計を進めており、部品と材料のさまざまな組み合わせをテストしています。 iPhone 8は、2017年9月初旬に発表されるかもしれないが、11月までリリースされないかもしれないとの情報も出ています。グラフィックデザイナーのAlHasan Husniは、噂の仕様に基づいたApple iPhone 8のモックアップをまとめました。多くのiPhoneユーザーが望んでいるiOS 11のための「ダークモード」も含めました。 モックアップを使用すると、ユーザーは機能領域を右にスワイプしてマルチタスクモードにアクセスでき、仮想ホームボタンには触覚フィードバックが含まれます。 10周年のiPhoneがHusniのモックアップのようになる可能性がありそうです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加