iPhone9はセラミック製になるかも!?Appleレーザー研磨技術特許取得!!

レーザーでセラミック素材を精密に研磨加工する技術の特許

2016年発売されたApple Watch Editionのボディには、軽くて強度が高いセラミックが使われており、Appleはこの素材を将来のiPhone9に使うのではないかと予測されているようです。

Appleが特許を申請した技術は、ジルコニウムやサファイアといった透明の物質で構成されるセラミック素材の表面をレーザーを使って磨くというもので、申請書類の図面には、iPhoneのイラストもつけられています。

Apple-laser-polish

ジルコニウムやサファイアの研磨には、研磨剤ではなく、高温で表面を滑らかにする焼成加工が用いられます。高温での加工に、従来の窯ではなくレーザーを用いることで、熱を加えすぎることによる素材へのダメージを避け、精密なコントロールが可能になる、というメリットがあります。

セラミック製iPhone製造上の懸念も解消?

セラミック製iPhoneが噂に上った際、iPhoneをセラミック製にするにはフットボール球場2個分の窯のスペースや多数の加工機械や人手が必要で現実的ではない、と否定的な見解も出ていました。
以下は、ConceptsiPhoneが公開した、セラミック製ボディの「iPhone8」を描いたコンセプト動画です。

Appleは、数多くの特許を申請しており、セラミック製iPhoneも、実際に製品化されるかは分かりません。

なお、iPhone7/7 Plusで投入された新色のジェットブラックは、アルミニウムを精密に研磨することで、セラミックのようなしっとりしたツヤを表現しています。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加