iPhone7 Lightning-to-3.5mmイヤホンジャック変換機同梱!?

スポンサーリンク

Business Insiderは22日(現地時間)、ドイツ国内におけるメガバンクの1つであるドイツ銀行によって、「iPhone 7」シリーズのスペックに関する最新調査報告が新たに公開されたことを報じています。

120 Conrad interface dongle with Lightning connector

Lighningコネクタを搭載する3.5mmイヤホンジャックとMicro USBポートとの変換ドングル(※非純正品)

ドイツ銀行は今回、米アップルのサプライチェーン筋を通じてiPhone 7シリーズに関する調査を実施。その結果、幾つかの興味深い情報がもたらされることとなりました。

以下は、今回の調査で判明したとされるiPhone 7シリーズの特徴。

  • 「iPhone 7 Plus」には、優れたズーム機能を実現するデュアルカメラモジュールと3GBのRAMが採用される
  • 「iPhone 7」には、新たに光学式手振れ補正機構(OIS)と改善されたイメージセンサーが搭載される
  • 音質の向上を実現。ステレオ再生に対応する可能性も
  • “プロフェッショナル級” の防水性能を実現
  • モーター内蔵によりクリック感を高めた新型ホームボタンの採用。従来モデルよりも耐久性に優れているとのこと
  • 新色の追加
  • 3.5mmイヤホンジャックの廃止
  • Lighgningコネクタを採用する3.5mmイヤホンジャック変換ドングルが同梱される

気になる項目は幾つもありますが、とりわけ最後の項目は興味深いものとなっています。これまでiPhone 7シリーズには、Lightningコネクタを採用した新型イヤホンが同梱されるとの見方が有力でしたが、どうやら実際には新型イヤホンの代わりに、3.5mmイヤホンジャックへの変換ドングルが同梱されることとなる模様です。

また、防水機能が追加されるとのことですが、“プロフェッショナル級” という表現が具体的にどの程度の防水性能を指しているのかは分かりません。

そのほか、クリック感と耐久性を改善した新型ホームボタンの採用や新色モデルの追加なども指摘されており、iPhone 7シリーズにおいては、予想されているよりもずっと多くの(細やかな)改善や変更がもたらされることになりそうです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加