ダウンロードがいつも固まる iPhoneの対処法

スポンサーリンク

待てども待てども終わらない! iPhoneアプリがダウンロードできないときの対処法まとめ
雑誌やテレビで紹介されていた面白そうなアプリ、CMで見かけたソーシャルゲームなどをサクッとダウンロード。このように、アプリは欲しくなった時に気軽にダウンロードできるのが魅力です。

しかし、こんな経験ありませんか?

「アプリのダウンロードが進まない!」
「『待機中』から動かない!!」

このようなトラブルが起こってしまったら、どういう対処を行なえば良いのでしょうか。iPhoneのアプリがダウンロードできない問題を解決していきましょう。

目次:
対処法1. 機内モードのオン/オフを繰り返す
対処法2. iPhoneのストレージ容量を確保する
対処法3. App Storeからサインアウトしてみる
対処法4. 他のアプリをインストールしてみる
対処法5. iPhoneを再起動する
対処法6. iTunesでダウンロード後、iPhoneと同期する
対処法7. iOSを最新のバージョンにアップデートする
対処法8. アプリを削除して再インストール
対処法9. iPhoneを初期化する
それでもダメなら……。
対処法1. 機内モードのオン/オフを繰り返す

データ通信回線に繋がっているようで実は詰まってしまっている、といったことに起因する場合もあります。Wi-Fiやモバイルデータ通信の調子が悪い可能性もあるため、こういった場合は「機内モード」のオン/オフを切り替えてみましょう。

機内モードにすることで電波を一度オフにします
機内モードにすることで電波を一度オフにします
「設定」から「機内モード」のスイッチをオン/オフ切り替えます。電波を一度シャットアウトして復活させることで、ネットワークの詰まりが解消するかもしれません。

もし解消されないようでしたら、「Wi-Fi」や、「モバイルデータ通信」のオン/オフも試しておきましょう。

対処法2. iPhoneのストレージ容量を確保する

iPhoneのストレージがキツキツ。残量があまりにも少ない場合はアプリのデータがダウンロードできない場合もあります。まずはストレージの残量を確認してみましょう。

ストレージが潤沢に残っていればいいのですが…
ストレージが潤沢に残っていればいいのですが…
「設定」→「一般」→「情報」から「使用可能」を確認します。ストレージの使用可能容量が100MBを切っているような場合は危険サイン。ストレージの残量を何とかして確保しましょう。

不要な写真やビデオはバックアップしてから削除しましょう
不要な写真やビデオはバックアップしてから削除しましょう
容量を消費する原因の多くは写真やビデオ。パソコンやクラウドに写真をバックアップして、iPhone本体内のファイルは削除してしまいましょう。写真やビデオを保存するならば、容量無制限で利用できる「Googleフォト」がオススメです。

詳しくはこちら:
Googleフォトで写真を賢く管理しよう!基本の使い方と出来ること

アプリごとに貯め込まれたキャッシュを削除しましょう
アプリごとに貯め込まれたキャッシュを削除しましょう
キャッシュを作成するタイプのアプリでは、キャッシュ容量を制限したり、キャッシュを削除することで、容量を空けることができます。

対処法3. App Storeからサインアウトしてみる

何らかの理由で、App Storeへのログインが失敗してしまっているといった可能性もあります。これを直すにはApp Storeから一度ログアウトして再度ログインしてみましょう。

「App Store」アプリを起動して画面を下にスクロール
「App Store」アプリを起動して画面を下にスクロール
「App Store」アプリの最下部に自分のアカウント情報が記載されているので、そちらをタップするとサインアウトすることができます。

対処法4. 他のアプリをインストールしてみる

理由としては対処法3と同じく、Apple IDの認証が上手く行っていないという症状です。対処法3を試してもダメなら、なんでも良いので無料のアプリを何かダウンロードしてみましょう。これでApple IDの認証が通り、ダウンロードできなかったアプリでもダウンロードが進むことも。

何でもいいので無料のアプリをダウンロードしてみましょう
何でもいいので無料のアプリをダウンロードしてみましょう
対処法5. iPhoneを再起動する

1~4まで試してもだめなら、iOS側のトラブルを疑いましょう。こういった時には再起動が一番です。電源ボタンを長押して本体の電源を一度切り、再起動してみましょう。

困ったら再起動! これは鉄則です
困ったら再起動! これは鉄則です
再起動後はしばらく待ってからApp Storeにアクセスしてみましょう。ダウンロードが進まなかったアプリが再度ダウンロードできるようになっていれば成功です。

対処法6. iTunesでダウンロード後、iPhoneと同期する

パソコンを持っている方限定のテクニックとなってしまいますが、もしパソコンのiTunesでiPhoneと同期しているのであれば、それを使った解決法もあります。そうです、一度パソコンのiTunesでアプリをダウンロードし、アプリを同期するといった方法です。

iTunesでAppStoreにアクセスするには?
iTunesでAppStoreにアクセスするには?
パソコンのiTunesでは左上のメニュー選択から「メニューの編集」をクリックし、「App」にチェックを入れることでAppStoreにアクセスできるようになります。

iPhoneもiPadもアプリはiTunesで探せます
iPhoneもiPadもアプリはiTunesで探せます
iCloudが登場してから、バックアップもクラウドで…。とパソコンレスな方も多いかもしれませんが、パソコンもまだ活躍するシーンはありますね。方法はSoftBankが公開しているガイドを参照ください。下記リンクからどうぞ。

参照:
[iPhone/iPad]iTunesからアプリケーションをダウンロードし、iPhone/iPad に同期する方法を教えてください。 | モバイル | ソフトバンク

対処法7. iOSを最新のバージョンにアップデートする

iOSがあまりにも古いとダウンロード前に門前払いされてしまいます。しばらくiOSをバージョンアップしていない人は、最新バージョンへと更新してみましょう。

ソフトェアの更新を行なっていきます
ソフトェアの更新を行なっていきます
「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」をチェック。「ソフトウェアアップデート」があるようなら、そちらを適用しましょう。ただし、iPhone本体が古い場合はソフトウェアアップデートにより、動作が重くなったりもするため勇気がいるかもしれません……。

関連記事:
iTunesがオススメ!iPhoneのバックアップやiOSをアップデートする方法

対処法8. アプリを削除して再インストール

アプリのインストール時というよりも、アップデート時にフリーズして進まないといった場合の対処法となりますが、かなり有効な手段です。アプリを一度削除してから再インストールしてみましょう。

アプリを削除するというと、通常長押しして「☓」マークのタップですが、ロングタップでも「☓」マークが表示されない場合は、「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」の手順で削除できます。

実は「設定」からもアプリを削除することができます
実は「設定」からもアプリを削除することができます
該当するアプリを選択して「Appを削除」をタップ。ダイアログでもういちど「Appを削除」をタップすることでアプリを削除できます。

その後再インストールを行なえばいいのですが、アプリを消してしまうとアプリ内での設定などが削除されてしまうこともあります。奥の手として取っておきたい対処法です。

対処法9. iPhoneを初期化する

いよいよ本格的にヤバイぞ、となってきました。対処法1~8まで試して、それでもダメだった場合の最後の手段です。iPhoneの初期化、工場出荷時まで巻き戻してみましょう。

初期化する前にバックアップを忘れずに
初期化する前にバックアップを忘れずに
「設定」→「一般」→「リセット」とタップ。「すべてのコンテンツと設定を消去」とタップ。画面の指示に従ってiPhoneをリセットしていきましょう。なお、必要なデータは事前にバックアップし、iCloudやiTunesにもバックアップを作成しておきましょう。

バックアップについて詳しくはこちら:
iPhoneのバックアップ方法
iPhoneのデータをバックアップから復元する方法

それでもダメなら…Appleサポートに連絡を

メーカー(Apple)サポートに連絡してみましょう
メーカー(Apple)サポートに連絡してみましょう
最後の最後の手段です。もし、深刻なケース……、たとえば「アプリが何もインストールできない!」といった症状となった場合は、もうユーザーが自分で対応できるレベルではありません。

Appleのサポートセンターへと相談してみましょう。

まとめ:すぐに直るトラブルだが深刻なケースも…

アプリがダウンロードできない。これは、iPhoneのトラブルの中では比較的よく起こる症状で、多くの場合は一時的なトラブルです。そのため、簡単な手順で直るケースがほとんど。

しかし極稀に……ですが、初期化が必要なケースや、修理が必要な場合もあります。

まずは自分でできることを試していき、それでもダメなら公式のサポートを活用しましょう。iPhoneは購入後1年の無料サポート(AppleCare+ for iPhoneに加入していると2年)が備わっていますので、おかしいな?と思ったら早めに相談してみましょう。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加