iOS10では高画質画像を「原画」のまま処理可能に

スポンサーリンク

iOS10では「Home」アプリやSiriのサードパーティへの開放といった10の新機能が発表されたほか、一部の純正アプリが削除可能となることが発表されるなど盛りだくさんのアップデートとなっていますが、こっそりと「A8」「A9」チップを搭載したiOSデバイスでRAW画像ファイルに対応可能となっていることが分かりました。
未処理画像をそのまま加工可能に

「A8」「A9」はiPhone6以降に搭載されているチップですが、これらの端末がiOS10以降はRAW画像ファイルをサポートすることが、開発者向けに公開されたドキュメントから分かりました。

RAW画像ファイルのサポートはA8またはA9 CPUを用いたiOSデバイスで利用可能となります。いくつかのサードパーティ製のカメラによって撮影されたRAW画像がiOSデバイスでサポートされているiSightカメラによる画像と同様にデコード可能となります。

平たく言えば、iOS10では高画質で出力された未加工の「生(RAW)」画像に対応し、「写真」アプリなどで今まで以上に高度な編集が可能となるわけですが、iPhone7シリーズではデュアルカメラが搭載されるなど、アップルがカメラに力を入れている最近の傾向を考えれば、こういった流れは自然だと言えるでしょう。

当然サードパーティ製のデジカメで撮影したRAW画像をiPhoneにインポート出来るだけで終わるはずがないので、今後どのようにアップルがこのサポートを活用してくるのか、気になるところです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加