最終図面が最終リーク 最終のiPhone7 /7plusをご覧ください

iphone-7-plus-copyi

図面が流出することが増えていますが、ニュースメディア『9to5Mac』がまたも新しいiPhone7/7 Plusのリーク図面画像を伝えています。
iphone-7-1-copy

iphone-7-plus-scheme-copy-2
サイズはiPhone7が67.1mm×138.3mm×7.2mm、iPhone7 Plusは77.9mm×158.2mm×7.3mmとなっており、これらのサイズ感は、iPhone7の厚みがiPhone6sよりわずか0.1mm厚いだけで、現時点における旗艦モデルであるiPhone6s/6s Plusと大きく変わるものではありません。

次に、それぞれの特徴ですが、iPhone7/7 Plusの双方ともに、これまでの噂通りイヤホンジャックの消失が確認できます。カメラ部分については、iPhone7が従来モデルより少し大きくなっている印象で、iPhone7 Plusについては、こちらもこれまでの噂通り、デュアルカメラと思われるやや横に広めのデザインが採用されています。

また、iPhone6/6 Plus以降、本体の背面に受信感度を向上させるためのアンテナラインが描かれていましたが、iPhone7/7 Plusでは、側面へと移動しています。

『9to5Mac』が今回伝えているリーク画像は、背景の様子やサイズ表記の記載がこれまでとはやや異なるものの、おおまかなサイズ感や特徴は、過去にリークされたものと同じになっています。ここまで内容として同じになってくると、外観上の特徴は、ほぼこれで決定といっていいのかもしれませんね。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加