徐々に縮小か?Apple Watchの今後の展開は

スポンサーリンク

アップルウオッチの今年初めの四半期が2015年第4四半期と比べ大幅に減少していることが判明しました。クリスマス商戦の影響はかなり大きいと見られています。

前年同期比大幅増も、前四半期比は大幅減に

2016年第1四半期の世界全体でのスマートウォッチ出荷本数は420万本で、前年同期の130万本から223%増という急速な伸びを記録しました。主にアジア市場、北米、西欧で、Android Wear、Tizen、Appleへの需要が堅調だったためと分析しています。

しかし2015年第4四半期の総出荷本数810万本と比べると、約50%近くまで減少しています。これは第4四半期にクリスマス商戦が含まれていたためで、季節的な要因が働いているようです。

待たれるApple Watch 2の登場

AppleはApple Watchを「その他製品」としてApple TV、Beats、iPod、ブランド製品、その他アクセサリと同じカテゴリーに含めており、正確な出荷本数や売上高を発表していません。
アップルウォッチは発売された2015年第2四半期に400万本を出荷して75.5%という驚異的な市場シェアを獲得、第3四半期も出荷本数450万本で73.8%のシェアを維持しました。

しかしその後Galaxyウオッチなど他メーカーの出荷本数が伸びたこともあり、2015年第4四半期の出荷本数は510万本と順調な伸びを示したものの、市場シェアは63%へと落ちています。そして2016年第1四半期は、さらに縮小して52.4%となった模様です。

WWDCで発表されるともいわれる第2世代Apple Watchの登場で、市場がどう動くかに注目です。

strategyanalytics_smartwatch

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加