Nexus 6P スペックが判明  Snapdragon 820と4GB RAMを搭載

新型Nexus 6Pの一部の仕様が明らかとなっているようです。
CPU Snapdragon 820 (スナドラ820)
4GB RAM
という情報がGeekbenchのデータベース上に新たに確認されました。

新情報のデータにはさらに、米グーグルとNexus 6Pの名前をはっきりと確認することができますが、そのCPUおよびRAM容量については、現行モデルから大幅な進化を遂げている様子が見て取れます。

OSには最新の「Android N」を搭載しているほか、Geekbenchベンチマークテストで、シングルコア性能において2115、マルチコア性能においては4903点を記録したとのことです。

さらに先日発表したコードネーム Marlin も明記されており信憑性も高まっている。Marlinは台湾HTCによって製造される見込みとされており、情報に齟齬が生じる形となりました。

132 New Nexus 6P benchmark result by Geekbench

既にGoogle Playストア上で「Nexus 9」の販売が終了したことが判明しています。5月18日に開幕を迎えるGoogle I/O 2016において、新型Nexusタブレットの発表も行われる可能性に注目が集まっていますが、同様に次世代Nexusスマートフォンが発表されることにも期待したいところです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加