iPhone8 8Sで噂される緊急警報システム

スポンサーリンク

Appleが、米国特許商標局へ緊急警報システムの申請を出したとの情報があります。

ddsdssdsdsdsdsd

今回の特許申請の中で、ジョギングをする人が二の腕にフィットネスモニターを装着している場合を想定し、技術の詳細を解説している。ユーザーの心拍数や血管情報を「iPhone」に送信するだけでなく、ユーザーの登録先に緊急事態を通知し情報を送信することも可能だとしている。その他、診療記録など保存することも可能です。例えば、ユーザーの血液型に関する情報が保存されていれば、輸血の際に役立つだろうし、ユーザーが糖尿病患者である場合は、医療機関が開示することで、治療の選択にも役に立つと考えられる。

今回の特許について、「対象範囲が比較的広いため、さまざまな種類のセンサーとの連携が必要であり、今回申請した特許内容の以外にも、多彩な使用形態を実現できる可能性がある」と主張する。

特許資料によれば、デバイスに搭載可能なセンサーとしては、加速度センサーやジャイロスコープ、電気皮膚検出器、高度計、マイクロフォン、カメラ、モーションセンサー、心拍モニター、呼吸器系モニター、血圧モニター、光電脈波(PPG:photoplethysmography)センサー、GPSデバイス、通信部品、温度センサーなどが挙げられる。

特許申請の中で、「スマートフォンなど、あらゆる電子機器とリンクさせることが可能な技術だ」と主張している。

米Wall Street Journalは2015年に、「Appleは当初、『Apple Watch』に医療監視機能を搭載する予定だったが、規制上の障壁に直面したために、その計画を見送ったという経緯がある」と報じている。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加