Surface Phone 来年登場か?iPhone7,GalaxyS7の牙城を崩せるか?

Winフューチャーは18日、Microspft製の未発表端末「Surface Phone」の存在を示唆するデータが、HTML5testで発見されたことを伝えています。

記事92.1

今回発見されたデータには「マイクロソフト Surface Phone」と記載されており、この401点というスコアが「マイクロソフトエッジ」がたたき出したものであることを表してます。このデータからは、Surface Phoneに「Windows 10 Mobile build 10240」がインストールされていることが分かりますが、最新版番号はすでに10240ではありませんでした。

この記述に加え、401という得点から察するにこの「マイクロソフトエッジ」に搭載されているレンダリングエンジンは「EdgeHTML 12」であると推測されますが、すでに2~3日前には最新の「EdgeHTML 13」が発売されています。

記事92.2

またこのDate Baseを調べたところ、このDateはおよそ30日前に登録されたものであり、少なくとも45日前の時点においてすでにSurface Phoneの開発は開始されていたと推測されます。

また今までのデータでは、Surface Phoneは高い生産性を追求したビジネス向けのミッドレンジモデルとして2016年6月頃に発売するとされていますが、一方では「スナドラ 820」を採用するモデルとして開発されている可能性も示唆されるなど、情報が錯綜しており更なる続報が待ち望まれている状況にあります。

そのほか10月上旬には、「Surface-inspired phone」が近い未来に発売される事を、Microsoft幹部のパノス・パナイ氏が示唆していることからも、そう遠くない将来にSurface Phoneが発表されることに期待しても十二分に良さそうです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加