iPhone8s 予約発売日、価格、スペックなど情報をまとめました。2018年モデル

スポンサーリンク

2018年 iPhone8sの噂がもう始まってる
8sの予測は少し簡単で2017iPhone Xプレミアムモデルの高スペックを
いくつ継承するかに注目が集まっています。

iPhone8sの予想スペック

iPhone8 (2017) iPhone8s(2018)
搭載OS iOS11 iOS12 NEW
CPU A11 64bit 2.4GHz(4Core) A12 NEW
ディスプレイ OLEDディスプレイ(iPhoneX) OLEDディスプレイ
カメラ画素 2500万画素 3000万画素
RAM 4GB 4GB
ストレージ 64GB.256GB 64GB.256GB
充電方式 置くだけ充電(ワイヤレス) 置くだけ充電(ワイヤレス)
バッテリー容量 2200mAh程度 2500mAh
人体認証 指紋 指紋+顔認証





①iPhone8s はiPhoneXのFace touch を継承か!

2017年のiPhone8で予測されていましたが今回2018年のiPhone8sで搭載の噂が出てきています。人体認証でいえばiPhone5が5sに変更と同時に搭載になったことを考えれば8sでも同じことが言えるのではないでしょうか。

3Dカメラと顔認識を組み合わせた技術

米国特許商標庁(USPTO)は現地時間2017年3月7日、Appleが取得した「距離情報を用いた高度な顔認識(Enhanced face detection using depth information)」と題された特許情報を公開しました。

この特許技術は、Appleが2013年に買収したイスラエル企業PrimeSenceが持つ3D画像認識技術に、顔認識を組み合わせたもので、一定の距離にある顔を優先して認識することで、高速で正確な認識を可能にしています。また複数の顔が認識されると、システムはそれぞれの顔を解析するため、速度の速い処理能力が必要となるので今では認識精度も低下してしまいます。この特許では、3Dカメラで対象物の距離を測定し、適切な距離にある顔を選択して認識することが可能とされています。

フロントカメラに3D画像認識技術を用いた顔認証機能を搭載する上で、大きな意味を持ちます。顔認証の対象となるユーザーの顔と、iPhoneの距離は一定の範囲内に収まるはずなので、対象範囲を絞り込むことで正確で高速な顔認証が可能となります。なお、Appleは2017年2月に人工知能を用いた精度の高い顔認識技術をもつ RealFace を買収したと報じられており、顔認識に関連した技術の製品化が近いと期待して良さそうです



②有機ELディスプレイは前倒し採用に iPhone8sには折りたたみ式採用!?プロジェクターも搭載か?

以前から噂されているAppleWatchと同様の「有機ELディスプレイ」のiPhoneへの搭載に新たな情報が入りました。お馴染みのKGIアナリスト ミン・チクー氏によると現在iPhone6sで採用されているLCDパネルを2018年まで搭載し、2019年「iPhone8s」より有機ELディスプレイを採用することとなるだろうといわれていましたが、今回1年前倒しの2018年に有機機ELディスプレイを採用することなったとの情報が多くなってきた。

高い強度と鮮明さを持っている有機ELディスプレイですが、コスト面ではLCDパネルの方がかなり抑えられる為、Appleは大量生産でなんとか有機ELのコストダウンを図りたいところでしたが Samsungへ7000万台の大量注文を2017.4月にすることでかなりのコストダウンに成功したようです。具体的なパネル工場の建築計画もありますしたが、今回の注文でその建築計画もなくなったとされ2018年のiPhone8 への採用が自然とする見方が強くなっている。その代わりに浮上してきたのが2020年予定の折りたたみ式端末の採用が2019年と予測するのが自然な状況となってきました。

2019年 iPhone8s世代にDS似モデル追加?

特許に詳しいニュースサイトPatently Appleによれば、折りたたみ可能なスマートフォン(以下:折りたたみスマートフォン)はデジタルブックレットのような形状をしている可能性があるとのことです。

samsung 折りたたみスマートフォン

さながらゲーム機「Nintendo DS」のような形状ですが、画像からは折り曲げ可能な有機ELが用いられていることが分かり、広げることによって、通常のスマートフォンの2倍ほどの画面となりそうです。また特許の中には、ホログラムを投射する部品も含まれていることから、折りたたみスマートフォンは、プロジェクターとしても使用できるのではないかと目されています。ただ、プロジェクター機能スマートフォンは目新しいものではなく、これまでにもサムスンはGalaxy Beamなる端末を発売していますがもし採用されればその画像レベルはかなり高いものになると予測されています。

③デュアルスタンバイ(2SIMスロット)搭載か!?期待大2017.9.13

特定の人が活用していたデュアル番号システムでしたが、ドコモでは数年前に廃止されました。ですがVaio Phone Aやその他格安スマホで2シムスロットが標準搭載される事や,他機種でもデュアルスタンバイ機能が搭載される予定が多数あり、今このデュアルスタンバイ機能に注目が集まっています。
デュアルスタンバイのメリットというのは実はいくつかあります。
その最大のメリットというのはデータ専用SIMと通話SIMを1つの筐体に入れて持ち運びが出来るということです。またビジネスとプライベートの電話二台持ちしている人からしてもポケットの荷物が減るという単純な理由や1つの本体で活用できる利便性も大きな理由の1つでしょう。また単純に通信エリアの問題や海外と日本で使い分ける為などメリットの理由はまだまだあるでしょう。
そんな中、iPhoneでもデュアルスタンバイ機能を搭載する噂は最近特に増えてきています。間違いなく求めているユーザーはいるのでiPhone8sでの標準搭載に期待が集まります。

④2018年のiPhone用A12プロセッサを韓国サムソンが受注

2018年のiPhone8sに搭載される、7nmプロセスのA12プロセッサの一部を韓国サムソンが受注した、と韓国メディアThe Korea Heraldが報じています。

OLED独占供給の利点をうまく交渉に活かしApple社を説得

韓国メディアによると、サムソンのCEOが、米アップルの本社を6月に訪れ、iPhone8用有機ELを独占的に供給する見返りに、2018年のiPhone用のプロセッサの一部を受注した模様です。

なお韓国サムソンは、TSMCが独占供給している現行のAシリーズプロセッサのサプライヤーとしては参入しないと報告されています。

現在のプロセッサは台湾のTSMCが独占供給

Samsungは最近、7nmプロセスでの製造用に用いる極端紫外線リソグラフィと呼ばれる製造装置を購入したと報じられています。

なお、現行のiPhone7/7 Plusに搭載されているA10 Fusionプロセッサは16nmで、新しいiPad ProのA10X Fusionプロセッサは10nmプロセスで製造されており、2017年のiPhone8に搭載のA11プロセッサも10nmになると予測されています。

iPhone6sのA9では「チップゲート」騒動も

Appleは主要部品のサプライヤーを特定の1社に集中させず、2社以上に分散して発注する手法をとります。これは、製造上の問題発生時のリスク回避とともに、サプライヤー間の競合によってコストを下げる狙いがあると言われています。

しかし、iPhone8に搭載されるOLEDディスプレイを大量供給できるのは、OLEDの世界シェア95%を握るSamsungだけであり、LG Displayやシャープの量産体制が整うのは2019年頃と言われています。

2015年のiPhone6sでは、搭載されたA9プロセッサをめぐって、TSMC製搭載端末よりもSamsung製搭載端末のバッテリー消費が激しい、と指摘され「チップゲート」として話題になりました。その後、両社製のプロセッサに有意な差は見られない、とのテスト結果が公表されて騒ぎは収束しました。

⑤iPhone8sのバッテリー、LGが独占供給の見通し

iPhone8リリースを前に控え、サプライチェーンは早くも2018年発売予定のiPhone8sに向けて動き出しています。LG Chemical(以下LG)がiPhone8s向けのバッテリーを独占的に供給する見通しであることが明らかとなりました。

LGが独占的に供給へ

韓国メディアのKorea Economic Dailyが報じたところによると、すでにAppleとLGとの協議は合意に達しており、2018年の次世代iPhoneに向けて、同年の第2四半期(4~6月)よりバッテリーの生産が行われる見通しです。

部品の調達コストを抑えるために、単独サプライヤーからの独占供給を好まないAppleにあって、こうした形で受注を決定するということは、有機EL(OLED)ディスプレイのSamsungのように、よほど他の技術や生産体制が追いついていないものと考えられます。

様々な問題を解決するL型バッテリー

これまでにもLGは、数千億ウォンをもの投資を新型バッテリーの生産ライン構築に向けて行っていることが報じられていました。このバッテリーは、内部のスペースを最大限に利用するために、形状が「L型」になるとされています。また、この構造を採ることによって、充電スピードが向上するともみられています。

「L型」バッテリーについては、すでにiPhone8の時点で採用されるのではないか、とKGI証券のアナリストであるミンチー・クオ氏が予測を立てていましたが、LGが2018年から生産に乗り出すとなると、ひとまずiPhone8sまでお預けとなる可能性が高そうです。

⑥iPhone8s 2018シリーズ、全機種に「Face ID」を搭載か

9to5Macは19日(現地時間)、2018年に発売されるすべての次世代iPhoneシリーズには、「Face ID」が搭載される見込みと伝えています。

今回の情報の出所は、台湾KGI証券のアナリストであり、米アップルの消息筋としても名高いミンチー・クオ氏。

同氏が新たに発表した最新の報告によると、ディスプレイ一体型指紋認証機能の実用化には未だアップルが越えるべき技術的な “壁” が幾つか残されていることから、同社はむしろFace IDの方に注力する見通しとのこと。

「iPhone X」に搭載されたFace IDがユーザーから高く評価されたならば、来年発売される次世代iPhoneシリーズすべてに、「TrueDepth」カメラおよびFace IDが搭載されることとなるようです。

一方で、世間からのFace IDに対する評価が芳しくなかった場合、すぐさま同社は前述の “壁” を再び全力で越えにかかるであろうことも、クオ氏は指摘しています。

次世代iPhoneシリーズが生体認証システムにどのような方式を採用するかは、すべてユーザーからの評価次第となる模様です。

⑦デザインを一新したios12が話題になっている。

いままで発売の半年前にリーク情報がでまわるios情報が今回は発売の約1年前から情報が出回りだしている。

iPhone8s(iPhone9?) Plusはついに6インチ越え達成か?

米有力サイトの情報によればAppleはすでに2018年9月発売予定のiPhoneに着手。その画面サイズは現在の4.7インチ&5.5インチを大きく上回り更なる大型化を行うようです。
予想では5インチ&6インチを超えるのは間違い無いとの情報もあるようです。
Appleが来年9月発売予定のiPhone8s(iPhone9)で目指している画面サイズは最大で5.85インチと6.46インチだといいます。Appleは既にOLEDパネルを生産するサムスンをはじめとするその他サプライヤーと早々に量産契約予定とのこと。

6.46インチとなると、タブレットで人気サイズの7インチに近づくことになるため、iPhone8sPlus(iPhone9Plus)はもはやスマートフォンというよりはファブレット的な位置づけになり人気がさらに高まりそうです。
また、初めは5.28インチと6.46インチを開発する予定だったようですが、5.28インチについては昨今の大画面需要にあわせる形で5.85インチに予定変更とし開発を推し進めているようです。
大画面需要がまだまだあるとは聞きますが、無駄に大きすぎても持ちづらい活用しにくいという声も大きくなりつつあります。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加