Xperia XZ  発売以後報告されている不具合まとめました。更新あり




①Xperia XZ 発熱問題

フルHD動画撮影をしていたところ、発熱で3分ほどでカメラ機能が停止した。ケースの取り外しや発熱対策として有効との「追尾フォーカスのオンオフ」など、様々なアドバイスを試したが状況は改善しなかった。ただ、今のところ報告例は少ない

①:Xperia XZでフルHD撮影をしていたところ、発熱で3分ほどでダウン

②:ケースの取り外しなど様々なアドバイスを受けていろいろ試したが、結局変わらず

③:ただし同様の不具合の報告は、この例を合わせて数例なため、子の発熱不具合がXperia XZ固有のものかはわかりない。

改善策

今のところ報告例がなし

②再起動が頻繁に起こる

ソニーサポートから対処法が示されています。、それによれば以下の通り。

・Xperia Companionを用いてのソフトの修復

日本語版 Xperia Companion のダウンロードリンク先:リンク

・上の方法がダメな場合は、SDスロット/SIMカードスロットからカード類を抜いて起動する

・それでもダメな場合はセーフモード

【セーフモードのやり方】

電源ボタンを長押し⇒電源を切るをロングタッチ(長くタッチ)⇒OKを選択

【セーフモードにして「ダブルタップでスクリーンオン(本体起動)」が動作したか】

⇒はい。動作した・・・ダウンロードしたアプリが不具合を引き起こしているのでアプリを一つずつ起動して調べる

⇒いいえ。相変わらず動作しなかった・・・本体初期化をする

・最終手段としての「本体初期化の方法」

まずは【Googleアカウントのログアウト】

[ 設定 ]⇒[ アカウント ]⇒[ Google ]をタップ⇒画面右上の[ icon_zenfone3_19 ]⇒[ アカウントを削除 ]

そして【本体初期化】

[ 設定 ]⇒[ バックアップとリセット ]⇒[ データの初期化 ]⇒ [ デバイスをリセット ] をタップ⇒[ すべて消去 ]

「以上の方法でもまだ不具合が続く場合は、修理に出してください」とのこと

③タッチ不具合

【内容】

・Xperia XZのタッチ反応が悪い

・タッチパネルの真ん中部分周辺の反応が悪い

【対処法】

ソニー公式サポートからの回答は以下の通り。

①:まずはセーフモード

・セーフモードのやり方

【電源ボタン】を長押し⇒【電源を切る】を長押し⇒「再起動してセーフモードに変更」を「OK」

②:セーフモードになったので、*#*#7378423#*#* をダイヤルし、デバッグモードにする

・デバッグモードでのタッチパネルテストの一つ

③:デバッグモードになるので、タッチパネルの性能におかしなところがないかを確認。

おかしなところがあれば、本体故障の可能性が高い

④:「タップして起動」がうまく動作しない

【内容】

「ダブルタップして起動」機能が使えない。

複数のユーザーが報告している不具合だが、「センサー類はまともに動作しているから、ハードウェアの不具合ではなく、タッチパネルに関するソフトウェアの不具合では」との声も上がっている。

【対処法】

なし

④電話をすると画面が黒くなり、一切の操作を受け付けなくなる

【不具合の様子】

電話を掛けると画面が暗転し黒くなり、一切の画面操作が出来なくなる。電話それ自体は出来る。

自分で電話を切ることもできないし、電話が切れてもしばらくは操作ができない。

【対処法】

このトラブルに遭いながらも対処できたユーザーの方々からは、

①:電源ボタン2度押しカメラ起動

②:開発者オプションをオフ

③:キャッシュを削除

で問題が対処できたとの報告

⑤「ヘッドフォンの最適化」ができない。項目が見つからない

【内容】

Xperia X Performanceになってから「ヘッドフォンの最適化」の設定場所が変わったため、それ以前発売の端末を使用していたユーザーがXperia XPやXZ、X Compactに乗り換えた場合、ちょっと戸惑う様子

【対処法】

・Xperia XZ/X Compact/X Performanceでの「ヘッドフォン最適化」、設定方法

[設定]⇒[音と通知]⇒[アクセサリー設定]⇒[自動最適化]

・Xperia Z5での「ヘッドフォン最適化」、設定方法

[設定]⇒[音と通知]⇒[サウンドエフェクウト⇒[自動最適化]

⑥写真がぼやける不具合

無題xcasccdfddf

これも Xperia Z5 コンパクトの不具合で写真の左だけがぼやけてしまうというものです。

xperia_z5_pict

180度回転させると反対側がぼやけるのでカメラの問題のようです。

⑦カメラと電話アプリの起動に時間がかかる

カメラ、ショートメール、電話のアプリの起動に5秒程度かかるという不具合でしたが、修正プログラムがでてアップデートすれば改善されたようです。

⑧スタミナバッテリーが持たない不具合発生(11・9)

48時間通常利用でも十分バッテリーが持つという謳い文句で発売されたにもかかわらず、歴代モデルより持ちが悪いという事態が報告されている。一応11月にアップデートされたデーターによって改善済との事。持ちが悪いと感じた方はアップデートをおすすめします。

⑨オーデイオでBluetooth接続ができない(11・9)

複数の海外ユーザーからハンズフリー&音楽再生対応カーオーディオユニットやワイヤレスイヤフォンでのBluetooth接続不良問題が起きている様子。不良問題が起きた機器はカーオーディオがパロット社の「MKI9200」イヤフォンがジェイバード社の「BlueBuds X2」

⑩.Android7.0アップデート後にバッテリーの減りが早くなった

Android 6.0アップデート後のXperia Z5シリーズにおいて、ソニーモバイル公式サポートフォーラムなどでは、通話不具合が報告されています。

報告されている不具合としては、

  • Android 7.0アップデート後のXperia XZで、バッテリーの減りが早くなり、バッテリー持ちが悪くなる
  • その際、スマホの「アイドル状態(電話待機状態)」が電池使用を占有するように
  • 複数のユーザーから報告

など。以下に対処法を記していきます。

  • 100%にスマホをフル充電して、5%ほどの残量になるまで使用。100%➾5%へのバッテリー使用を確認して、バッテリー消費トップ3アプリを記録する
  • 同様のことを今度はセーフモードにして行う。違いを比較し、違いがあった場合はアプリの問題かもしれない
  • Xperia Companionでソフトウェア修復を行う
  • 最終的な方法としては、お住まいの地域のサポートセンターにて修理

純正通話アプリと後からダウンロードした通話系アプリが干渉しているのかもしれません。この場合、ほかの通話アプリをアンインストールさせればOKです。

⑪Xperiaでアラーム のアイコンが消えない症状が多発中

ここ最近、Xperiaなど複数のAndroidスマートフォンでステータスバー上とウィジェット上のアラームのアイコンが消えないという報告が複数挙がっています。

具体的には、見覚えのない中途半端な時間(例:7時38分とか)にアラームが設定され、その時間になってもアラームは鳴らず。しかし、しばらくするとまた別の時間に勝手にアラームが設定されアイコンが表示される、というもの。

この症状、過去にも何度か大量発生したことがあり、これらのケースでは、「パズドラ」や「ヤフオク」、「メモ」、「スケージュール」、「おくすり手帳」、「dwango」といったアプリが原因のケースが大半でした。

しかし、今回の時計アイコンについてはこれらのアプリをアンインストールもしくは無効化してもアイコンが消えないという報告が多く、原因は別のアプリ「NAVITIME」である可能性が高いようです。

どうやらNAVITIMEは最近のアップデートで新機能「デイリー」リマインド機能が搭載。

 

⑫ヘッドフォンが認識されない

【内容】

①:ヘッドフォン・イヤフォンを挿入しても認識されない。

②:それらを挿入しても、再生中のYouTube・Spotifyなどオーディオビジュアル系アプリからは音がスピーカーからそのまま流れ続ける。

③:他のスマートフォンではそのようなこともなかった。

【対処法】

特になし。

⑬Xperia XZ Xperia X Compact 不具合ありアップデート開始

NTTドコモは、4月13日17時から「Xperia X Compact SO-02J」のソフトウェア更新を実施する。

アップデートにより、「特定の環境下において、ごくまれに録画が開始できない場合がある」不具合が改修される。セキュリティ更新も行われ、セキュリティパッチレベルが「2017年4月」になる。4月11日からKDDIも「Xperia XZ SOV34」向けにソフトウェア更新を実施している。アップデートにより、セキュリティパッチレベルが「2017年4月」になる。更新ファイルの容量は約190MB。アップデートは端末単体かPCソフト(Xperia Companion)から行える。端末からのアップデートは「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」から。モバイル回線で更新ファイルをダウンロードする際の通信料は、Xperia X Compact SO-02Jは無料だが、Xperia XZ SOV34は有料。

⑭2016年Xperia4機種のセキュリティアップデートを開始

ソニーモバイルが2016年モデルの Xperia の「Xperia X」「Xperia X Conmapct」「Xperia XZ」「Xperia X Perormance」のソフトウェアアップデートをHP上で開始しました。

Xperia X PerformanceとXperia XZ  には 41.2.A.2.223 が、Xperia X と Xperia X Compact には 34.2.A.2.69 が最新のファームウェアビルドとして配信されています。

今回のアップデートについて変更の内容は現在のところ発表されていませんが、 Xperia XZs と同じように  Android セキュリティパッチが適用されています。

XperiFirm などを確認すると、アップデートは欧州向けの多くのモデルで既に配信されているようです。

⑮Xperiaで大量報告のアプリ落ち!ウイルス??、バッテリー異常消費や発熱の原因はFacebookかも

国内外のXperiaユーザーよりアプリが急に強制終了する、操作が重い、メモリ使用量が異常に多く、空き容量が極端に少ないといった報告を頻繁にみかけます。

また、この副作用として異常発熱やバッテリー消費が早いと言った報告も。

この症状をよく見かけるモデルは:
Xperia Z4
Xperia Z5
Xperia Z5 Compact
Xperia X Performance
Xperia XZ
Xperia XZs
Xperia XZ Premium

要はAndroid 7.0以上の機種のほとんど、と言った感じで海外でも同じ、あるいは類似の症状が大量に挙がっています。

なかでも国内外でよく見かけるのはTwitterアプリが落ちる、あるいはタイムラインが読み込めないという症状ですが、おそらくこれは単にユーザー数の問題。

海外ではAndroid 7.1.1アップデートがトリガーという指摘もありますが、7.1.1未提供の国内版XZやX Performance、Z5シリーズでも報告が多数挙がっていることからおそらくOSバージョンは無関係だと思われます。

一方、数日前にGoogleアプリあるいはGoogleアシスタント周りが原因と思われるメモリ異常消費やカクつきについてお伝えしたばかりですが、どうやら原因はコレだけではない模様。

海外フォーラムなどを調べてみたところこの一連の問題は2つのプリインストールアプリが原因である可能性が高いようです。

その2つのアプリは

・Facebook (およびFacebook Messange)

・Movie Creator

FacebookアプリとFacebook Messangeはアンインストールは可能。

一方、関連バックグランドアプリとして「Facebook App Manager」と「Facebook App Installer」というのがありこれらはアンインストールは不可能。

ただ、個人的にはFacebook/Messangerアプリそのものよりもこれら2つのアプリの方が怪しい気がするので、これらも同時に無効化した方が良さそうです。

(ただし、これらを無効化するとFacebookクレデンシャルでログインをする他サービスが使えなくなるケースもあるようですので、自己責任で)

ちなみにFacebookは数日前よりFacebook Messanger上に広告を表示するためのベータテストを開始しているようで、ひょっとするとこれが関係している可能性もあります。

Movie Creatorについては海外公式フォーラムやXDAなどで、これを無効化することで症状が改善したという報告が複数挙がっています。

もちろん、この他にも原因がある可能性はありますが、とりあえずは先のGoogleアプリ/Googleアシスタントと同時にこれら2つのアプリのアンインストールもしくは無効化をすることをおすすめします

Android 7.0/7.1でWiFiが切れる、繋がらないトラブルの直し方、対処方法

【内容】
ここ最近、複数のAndroid 7.0あるいはAndroid 7.1.1のユーザーよりWiFiが頻繁に途切れる、アクセスポイントが見つからなくなる、といった報告が挙がっています。

この問題、最初はXperia XZ Premiumで報告が多く見られたので機種依存の問題かと思ったのですが、その後Galaxy S8やGalaxy S8+、OnePlus 5といった機種でも報告が増加。

また、国内でドコモ、au、SoftbankからリリースされているAQUOS Rでも複数のユーザーより同症状が報告されています。

ただ、国内外のユーザーによる検証を見ていると、以下の方法でとりあえず問題は回避できる模様。

【対処方法】
Android 7.0/7.1でWiFiが切れる、繋がらないトラブルの直し方、対処方法

スリープ時のWiFi接続の変更・見直し

・「設定」→「Wi-Fi」→メニュー(画面右上の縦3つドット)もしくは設定(歯車アイコン)

・「詳細設定」→「スリープ時のWiFi接続」

・「接続を維持する」

*これ、デフォルトの状態だと「充電時は接続を維持する」になっています。

「接続不良のとき無効にする」をオフにする

・モバイルデータ通信がオンになっている事を確認

・「設定」アプリ→「WiFi」

・画面右上の歯車アイコンもしくはメニュー(画面右上の縦3つドット)をタップ

・「接続不良のとき無効にする」をオフに

Wi-Fi設定の削除とハードリセット

・「設定」→「Wi-Fi」から対象のアクセスポイントを選択

・「ネットワーク設定を削除」を選択

・電源ボタンとボリュームボタン長押しでハードリセット(強制再起動)

・WiFi接続(アクセスポイント)を再設定

ちなみにこの問題、Android 7.0およびAndroid 7.1.1でのみ発生している模様。

ざっと見た感じ、同様あるいは類似のWiFi接続の不具合が発生している機種は:

Xperia XZ Premium
Xperia XZs
HTC U11
Galaxy S8/S8+
OnePlus 5
AQUOS R

など。

5GHz帯でWiFi接続をしている際の方が問題発生確率は高いようですが、2.4Ghzでも同様の症状は発生しています。

よって、おそらくこれは5GHzの方が電波が弱く、症状が出やすい、というだけのことだと思われます。`

また、最新モデルで発生例が多いのでSnapdragon 835が原因?とも思ったのですが、S820搭載のXperia XZsなどでも報告があります。
よって、対処法は応急処置でしかなく、問題解決にはアップデートによる修正を待つしかないようです。

Sony Mobile、Xperia XZ Premiumに45.0.A.7.90へのアップデートを配信開始

Sony Mobile が今年の海外モデル「Xperia XZ Premium」に対してアップデート 45.0.A.7.90 の配信を開始しました。

今回の「Xperia XZ Premium」でのアップデートでは  Android セキュリティパッチが適用されており、セキュリティパッチレベルは「2017 年 7 月 1 日」に変わります。

残念ながら今回もアップデートの理由と内容は公表されていないので、セキュリティパッチ以外の変更点は不明です。ただ、国内で発売された Xperia Z4 以降の一部モデルには特定の条件下においてダウンロードした PDF ファイルが開けないバグの修正が行われているので、もしかすると同様の事象が Xperia XZ Premium にも当てはまることで、今回のアップデートで修正されている可能性もあります。

Xperia XZ Premiumでハード欠陥の可能性、ボリュームボタンがゆるい、ガタつくとの報告多数

症状】ボリュームボタンがゆるい、ガタつくという症状
国内ではドコモからSO-04JとしてリリースされているXperia XZ Premium。

相変わらず価格.comなどでの評価は上々で今夏モデルNo.1人気であることは間違いありませんが、ちょっと気になるハード周りの不具合報告が挙がっています。

具体的にはボリュームボタンがゆるい、ガタつくという症状。

個体によっては押した感じも「弱い」、端末をフルとカタカタと音がするとのことです。

【改善策】 
価格.comの口コミではこの問題で新品交換になった例も報告されており、交換品では全くボタンがガタつかないとのこと。

この手の症状は仕様と不具合の境目が曖昧なので、返品可能期間を過ぎてしまうと顕著な不具合よりもある意味非常に面倒。

よって、購入時にボリュームボタン周りを念入りにチェックすることをおすすめします

Xperia X / XZ / X Performance / X Compactに2017年9月分のAndroidセキュリティパッチを配信開始2017.9.7


Sony Mobile が「Xperia X」「Xperia X Performance」「Xperia XZ」「Xperia X Compact」の 4 機種に対して 2017 年 9 月分の Android セキュリティパッチの配信を開始しました。

2017 年 9 月分のセキュリティパッチは一昨日の 9 月 6 日に公開されたばかり。Sony Mobile は他社よりもいち早く配信を開始したことになりそうです。

アップデート後のビルド番号は、Xperia XZ と Xperia X Performance が 41.2.A.7.65、Xperia X と Xperia X Compact が

34.3.A.0.228 です。いずれもセキュリティパッチレベルは「2017 年 9 月 1 日」に変わります。

アップデートの詳細は公表されていませんが、カーネルが 2017 年 8 月 23 日にビルドされたものに変わっているので性能アップなども見込めるかもしれません。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加