Xperiaシリーズ 第2四半期は670万台も販売 Xperia Z6へはずみ

スポンサーリンク

ソニーが公開した資料によると2015年7月から9月の第3四半期におけるXperiaシリーズスマホの販売台数が670万台と発表しました。一見4月から6月に販売した第2四半期760万台からすると減少しているもののXperiaZ5の予約開始とも重なった第3四半期としては健闘した結果だと評価する専門家もいるようだ。

またその反面この結果を受けてXperiaシリーズに人気の陰りが見えると評価するブロガーの人もいるが、確かに販売台数は減っているものの赤字の幅を今季相当減らした結果は来年のZ6の飛躍への前兆と見る声もあり、無駄を省いたスマートな経営体制をアピールする格好となった。

スクリーンショット 2015-10-29 20.50.19

そして第3四半期は利益率の高い ミドルからハイスペックスマホ「Xperia M5 や Xperia C5 Ultra、Xperia Z5 Compact」 が発売された時期なのでこの端末の人気が下支えをしたともとれます。 個人的にはまだまだXperiaシリーズは成長途上だと思いますし、2016年こそ飛躍の年にしてほしいです。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加