iPhone6s 防水性能が低下しているという残念な結果に

防水機能は進化しているのか?

みなさん防水機能は年々進化し続けているものだと疑いもなく信じている事だと思います。単なる水の侵入防止だけでなくあらゆるパーツも水や湿気に対する耐水性も上がっているのだと信じていましたが、ここにきてiPhoneは全く進化させてないという残念な実験結果が動画で発表されました。

YouTuberのZach Straley氏が、これまで発売された歴代iPhone 10機種の防水実験を敢行、動画を公開しています。

Straley氏は先日もiPhone6sの水没実験を行い防水疑惑を証明した人物ですが、今回はiPhone、iPhone2G、iPhone3G/3Gs、iPhone4/4s、iPhone5/5s/5c、iPhone6/6sまでの10台の端末の耐水性を測定する実験を行いました。 合計10台のiPhoneを同時に水没させ最後まで画面が写っているか動作するのかを実験したものですが意外な結果となってしまいました。 当然一位を期待していたiPhone6sは早々に耐水レースから離脱するように画面が消え最後まで画面が点灯していたのが6シリーズでも5シリーズでもないiPhone3Gというある意味悲惨な結果となりました。いままで何一つAppleが防水に対して取り組んで来なかった事を証明されたかのような実験結果だと思います。

だからこそ次期モデル iPhone7 にはぜひ防水性能をしっかり搭載していただきたいですね。

最後にその実験動画です

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加