AQUOS ZETA SH-01H 動画でわかるメリット、デメリット

スポンサーリンク

ドコモが「AQUOS ZETA SH-01H」を発表

この端末の最大で最強の特徴は日本最速の高速通信サービス「PREMIUM 4G」の下り最大300Mbps対応でしょう!!また早い動きにめっぽう強いIGZO液晶はレベルを上げて健在しております!またiPhoneでもおなじみスーパースロー撮影、4K動画撮影はこの端末のレベルの高さを伺えます!さらにインカメラも800万画素+広角レンズ搭載で自撮り最強スマホと名付けたいくらいのハイスペックです。

速い!!綺麗!!!面白い!!!!!この3つの言葉を現実化させたハイスペックスマホだと思います。今回ドコモ新発売スマホの中で一番おすすめスマホだと思います。

以下エスマックスさん引用です

NTTドコモが指紋センサー搭載スマホ「AQUOS ZETA SH-01H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、指紋センサーを搭載したAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-01H」(シャープ製)を発表しています。2015年11月上旬に発売予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショプ」などにて事前予約が開始されます。

シャープのNTTドコモ向けハイエンドモデル「AQUOS ZETA」シリーズの最新機種で、夏モデルで前機種「AQUOS ZETA SH-03G」やさらにその前機種「AQUOS ZETA SH-01G」の約5.5インチサイズから約5.3インチサイズにやや小型化され、新たに「グリップマジック」(持つだけで画面ONや画面回転抑制、着信時の音量ダウンなど)が従来の静電センサーから近接センサーになってより使いやすくなっているとのこと。

一方、最大の特長は初の高速通信サービス「PREMIUM 4G」の下り最大300Mbpsに対応している点でしょう。今回発表された機種ではスマホでは唯一となっています。

SH01H_02
SH01H_03

AQUOS ZETA SH-01HはNTTドコモ向けのシャープ製フラッグシップモデルの最新機種で、「美と知性を究めた300Mbps通信ハイスピードAQUOS。」と銘打たれ、LTE-Advancedの技術要素「キャリアアグリゲーション(CA)」で3つの電波を束ねることで国内最速の下り最大300Mbpsに初めて対応します。

また、シャープ製スマホとしては初搭載となったAQUOS ZETA SH-03Gに続いて指紋センサーを搭載したほか、約5.3インチフルHD(1080×1960ドット)液晶や64bit対応Qualcomm製ヘキサコアCPU(1.8GHzデュアルコアCPU+1.4GHzクアッドコアCPU)「MSM8992(Snapdragon 808)」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどの高い性能や多くの機能を搭載した機種です。

指紋センサーは富士通のARROWSシリーズなどと同じ、背面のカメラの下に位置しており、なぞって画面ロック解除や個人認証ができるタイプを採用。新たに本体カラーに合わせた色になっているとのこと。

デザインは前機種のAQUOS ZETA SH-01Gと同じく本体上と左右の3辺狭額縁な「EDGEST(エッジスト)」で、アルミフレームとガラスの質感を生かしたビビッドな力ラーになっているほか、左右側面に搭載した大きなLEDによってメタルパーツからなにもないところから光が浮かびかがるようなイルミネーションで上質な演出が行われています。

カラーバリエーションはメインカラーのBlue(ブルー)およびBlack(ブラック)、Magenta(マゼンタ)の3色が用意。サイズは約139×74×7.9mm、質量は約151。

機種 AQUOS ZETA SH-01H AQUOS ZETA SH-03G AQUOS ZETA SH-01G
画面 5.3インチフルHD 5.5インチフルHD 5.5インチフルHD
大きさ 139×74×7.9mm 142×76×8.3mm 141×76×8.9mm
重さ 151g 155g 159g
電池容量 3100mAh 3000mAh 3300mAh

ディスプレイのIGZO液晶は前機種の新開発されたカラーフィルターとバックライトに加え、今回はさらに速い動きに強い新開発の”ハイスピードIGZO”になり、120Hz倍速液晶で残像感のない映像や画面操作を楽しめます。例えば、映像など以外でも通常の操作でもGoogleマップのスクロールなどがより滑らかに表示されるとのこと。

リアカメラは光学式手ブレ補正に対応した約1310万画素裏面照射型CMOSで、AQUOS ZETA SH-01Gから採用しているリコーのコンパクトデジタルカメラ「RICHO GR」の開発メンバーによる画質改善認証プログラム「GR Certified」を取得し、レンズや画像処理などの高い基準をクリアし、逆光や夜景もキレイに写真が撮影できます。

また、新たに一眼デジタルカメラなどでも採用されている位相差とコントラストを組み合せたハイブリッド高速オートフォーカスに対応し、AQUOS ZETA SH-03Gと比べて3分の1の時間でピントが合うようになっています。210fps撮影や2100fpsスーバースロー撮影、タイムラブス撮影、4K動画撮影なども従来通り対応。

インカメラは前機種の約210万画素から一気に約800万画素まで高画素化した裏面照射型CMOSを搭載し、広角レンズとワイド撮影で大人数でもグループセルフィー(自撮り)が可能。

携帯電話ネットワークではLTE UE Category 6対応で、上述通りに国内では下り最大300Mbpsでデータ通信が利用可能。対応周波数帯もLTEが800MHz(Band 19)および1.5GHz(Band 21)、1.7GHz(Band 3)、2GHz(Bank 1)のクアッドバンド対応、3G(W-CDMA/HSPA+)はFOMAハイスピードで下り最大14Mbpsおよび上り最大5.7Mbpsの新800MHz(Band 19)および800MHz(Band 6)、2GHz(Band 1)に対応し、1.7GHz(Band 9)には非対応です。なお、今後提供予定のLTEの700MHz(Band 28)には対応しています。

海外ではGSM/GPRS/EDGEも利用可能ですが、中国でのTD-LTEにも非対応です。なお、AQUOS ZETA SH-01Gと同様にSIMカードスロットがiPhone 5などと同じnanoSIMカードスロット(4FF)を採用。

2.4GHzおよび5.xGHzのデュアルバンドによるIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 4.1、テザリング(Wi-FiおよびUSB)、GPS、NFC Type A/B、DLNA・DTCP、LTEでも無線LAN(Wi-Fi)でも快適に通信できる「高速ダウンロード」などにも対応しています。

その他の仕様では外部ストレージがmicroSDXCカードスロット(最大200GBまで)、バッテリー容量は3100mAh(取り外し不可)、ワンセグ、フルセグ、NOTTV、おサイフケータイ(Felica)、防水(IPX5、IPX8準拠)、防塵(IP5X準拠)、急速充電2、非常用節電、エコ技、VoLTE(海外対応)などに対応。赤外線通信は非対応。なお、ワンセグやフルセグ、NOTTVは同梱の外付けアンテナが必要。

ソフトウェアも最新OSのAndroid 5.1 Lollipopになり、引き続き、話しかけると応答するなどのコンシュルジュキャラクター「エモパー」を搭載し、返事に応答するコミュニケーション対応に加え、光や音で、生命感のある工フェクトや工モメモ機能が追加されています。

最近のAQUOS ZETAシリーズとしては小さめとなり、メインターゲットに30〜40代男女、サブターゲットに40代以上男女とボリュームゾーンを狙い、上質漂う機能的デザインかつ最先端テクノロジーが搭載されたハイスペックスマホを好むより多くの人向けになった印象です。下り最大300Mbpsが実際にどれくらい出るのか早く試してみたいところですね!

◯主な仕様

機種名 AQUOS ZETA SH-01H
寸法(高さ×幅×厚さ:mm) 約139×74×7.9
質量(g) 約151
OS Android 5.1
CPU
(チップ名、クロック)
MSM8992
ヘキサコア
(1.8GHzデュアル+1.4GHzクアッド)
内蔵メモリー
(ROM/RAM)
32GB/3GB
外部メモリー
(最大対応容量)
microSDXC(最大200GB)
バッテリー容量 3100mAh
連続待受時間(静止時[自動])
(LTE/3G/GSM:時間)
約490/約550/約430
連続通話時間
(LTE/3G/GSM:分)
約1300/約840/約850
実使用時間(時間)※1 未定
ディスプレイ
(サイズ:インチ、解像度:ドット、
方式、発色数)
約5.3インチ
フルHD 1080×1920
TFT液晶 IGZO
1677万色
Xi(LTE、受信時最大/送信時最大) 300Mbps/50Mbps
VoLTE(◎は海外対応)
LTE対応周波数帯
(2GHz/1.7GHz/1.5GHz
/800MHz/700MHz)
○/○/○/○/○
対応方式
(FDD-LTE/TD-LTE)
○/ー
FOMAハイスピード
(HSDPA/HSUPA)
14Mbps/5.7Mbps
外側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)
裏面照射型CMOS
約1310万/約1280万
内側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)
裏面照射型CMOS
約800万/約800万
防水/防塵 ○/○(IPX5、8/IP5X)
Bluetooth ○(4.1)
ワンセグ/フルセグ
(◎は録画対応)
◎/◎
ハイレゾオーディオ対応
LTE/Wi-Fi同時接続による
高速ダウンロード
LTE/Wi-Fi同時接続による
スムーズな通信
UIMカード nanoUIM
Blue
Black
Magenta
製造メーカー シャープ

※1 一般に想定されるスマートフォンの利用(Web閲覧、アプリの利用等、約80分間/日の利用)があった場合の電池の持ち時間です(NTTドコモ調べ)。実際の利用状況(連続通話や動画を大量にダウンロードした場合など)によっては、それを下回る場合があります。なお、各機種の実使用時間については、 順次ドコモのホームページで公表される予定。
※2 外付けのアンテナケーブル(同梱)が必要。
※3 仕様は発表時点のもので、製品版は変更になる場合があります。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加