安倍首相発言、料金引き下げ会議、年内決着へ

スポンサーリンク

キャリアショップ先月突然飛び出したいわゆる 安倍発言「携帯料金などの家計負担の軽減は大きな課題」からキャリア3社のTOP発言まで発展したのはちょうど9月25日 iPhone6sの発売日の事でした。そこで終了かと思っていた値下げへの話し合いは水面下でとり行われ年内には具体案が発表されることが「朝日新聞」の取材で明らかとなりました。

なにかと携帯業界への発言の目だつ安倍首相、昨年は「SIMロック解除義務化」にはじまり、今年春以降の端末は解除可能になりました。そして突然飛び出た値下げ発言、これは消費税10%アップに向けた協議のなかで、昨今家計への負担が際立つ通信料金への牽制であったと思われます。

その検討会議は合計4回開催予定、10月19日から12月初旬の計4回で決着する見込みです。メンバーには大学教授、コンサルタント、非営利団体の幹部ら7人で構成されている模様です。そこに3社のキャリア幹部も参加し「料金プランの見直し修正」「端末代金の透明化」「格安スマホ(MVNO)の普及」の3つの議題をもとに議論がなされる予定です。

2017年4月からはじまる消費税10%、軽減税率の具体案も話し合われる中 少しでも国民への家計負担を減らし10%アップを国民へ受け入れさせたいのが狙いだと思われますが、果たして支持率はどのように動くのか注目したいと思います。

新発売 iPhone7/7sPlusの予約はオンラインで確実に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加